ジャンクFPGAボード

秋葉原の某店にてFPGAボードのジャンク品を発見。2組で\600なり。 おそらく、ネットワーク系の何かであろう。

ベースボード


2階建てになっている内のベース側。サブボードと合わせて\300。

XC4000シリーズのFPGAが載っている。コンフィグROMらしき8pinDIPのICも。
参考資料:
XC4000シリーズのデータシート
XC3000シリーズのデータシート

東芝のTMP68HC000N-16。マイコンの類だろうか(推測)。名前からしてMotorolaの68系っぽいし。

サブボード


メインボードの上にサブボードが載っていた。両方合わせて\300。

DualPortなSRAM。富士通のMB8421-90L。データシートが見つからないが、そのうちどこかで見つけるつもり。
足を上げてホットボンドで固めてある辺りが現場の苦労を感じさせる。

日立(現ルネサス)のHM514900AJ8。DRAMだろうか、それともSRAMだろうか。たぶんDRAM。
左上にはHN58C66FP-25Tも。これは64kbitのEEPROMらしい。

もう一枚のボード

もう一種類、同じ出所と思われるボードが有ったのでこちらも購入。これも\300。

こちらは一階建て。XC4010が7個載っている。

日立のHM63021P-34。遅延メモリらしい。

日立のHM6207。256K*1bitのSRAM。

三菱(現ルネサス)のM5M82C55。名前からして8255互換PIOか。

日立のHM62832UHJP-15。名前からして32K*8のSRAMっぽいし、15nsでそれなりに速そう。

日立のHM628128BLFP-7。128K*8で7nsか。かなり良い感じだが一つしか無いのが残念。

[藤田研究室 トップページへ] [memorandumへ戻る]