SH2の開発環境のコンパイル


SH2用のgccのコンパイルとインストールをやってみたのでメモ。
なお、実験環境はVine Linux 3.1をインストールしたi386なPCである。

アーカイブの用意

以下のファイルをダウンロードして、~/usr/srcに置く。

binutilsのコンパイルとインストール

 $ cd ~/usr/src
 $ tar jxvf binutils-2.15.tar.bz2
 $ cd ..
 $ mkdir tmp
 $ cd tmp
 $ mkdir binutils-build
 $ cd binutils-build
 $ ../../src/binutils-2.15/configure --prefix=$HOME/usr --target=sh-hms
 $ make
 $ make install

パスの追加(仮)

とりあえずbinutilsのバイナリをインストールしたディレクトリにパスを通しておく。
$ export PATH=$HOME/usr/bin:$PATH

gccとnewlibのコンパイル

 $ cd ~/usr/src
 $ tar jxvf gcc-3.4.3.tar.bz2
 $ tar zxvf newlib-1.13.0.tar.gz
 $ cd gcc-3.4.3
 $ ln -s ../newlib-1.13.0/newlib .
 $ cd ../../tmp
 $ mkdir gcc-build
 $ cd gcc-build
 $ ../../src/gcc-3.4.3/configure --prefix=$HOME/usr --target=sh-hms --enable-languages="c" --with-newlib
 $ make
 $ make install
--enable-languages="c,c++"とすればc++も使えるかもしれないが未確認。configureの時に微妙なメッセージが出てるので、もしかすると駄目かも。

その他

後は、適当に.bashrc辺りを書き換えてパスを通すなどしておく。
build用のディレクトリ(~/usr/tmp)やソースは消しても良い。

[藤田研究室 トップページへ]
[memorandumへ戻る]

SASAKI Shunsuke